専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

森ワールドにようこそ

2015年10月16日 category : スタッフおすすめ本 

ジグβは神ですか JIG β KNOWS HEAVEN
森 博嗣(著/文 他)

βと名乗る教祖をあおぐ宗教団体の施設・美之里。調査に訪れた探偵・水野は加部谷恵美たちと偶然の再会を果たす。つかの間、フィルムでラッピングされ棺に入れられた若い女性の美しい全裸死体が発見された。あちらこちらに見え隠れする真賀田四季の影。紅子が、萌絵が、加部谷たちが近づいた「神」の真実とは。

 

 

森 博嗣は『すべてがFになる The Perfect Insider』でデビューし、第1回メフィスト賞(1996年)を受賞した。2014年10月からテレビドラマが放送された。また、2015年10月からテレビアニメの放送が予定されている。

、以後、「冷たい密室と博士たち Doctors in Isolated Room」「笑わない数学者 Mathematical Goodbye」「詩的私的ジャック Jack the Poetical Private」「封印再度 Who Inside」・・・と計10冊が執筆され、後にS&Mシリーズと呼ばれるようになる。

その後、「黒猫の三角 Delta in the Darkness」からこれも10冊にわたる「Vシリーズ」が執筆される。

『すべてがFになる The Perfect Insider』を読んで、すっかりファンになった私は、Vシリーズまでは、ひたすら刊行される度に読み続けた。しかしながら、ここで力尽きた。

森氏はデビュー後から非常にハイペースで刊行を続けている。特に作品が文庫化され始めたデビュー3年目以降は年に10作品以上が刊行された。
文庫かされた作品も含むが、2004年には毎月1冊以上刊行して合計27冊、2006年にも合計26冊を記録した。読むのが追い付かないほどのハイペースだ。

もっとも、残念ながら、多作品作家にありがちな、内容の希薄化から逃れることは出来なかったのでないかと私は思う。私から見るとVシリーズ以降の作品は傑作はあるものの、初期作品に見られたクオリティーと比べるとやや落ちると思う。
これは私個人の感想なので、興味がある方は読んで評価していただきたい。

本作はGシリーズの8作目だ、Gシリーズは、飛び飛びしか読んでいない、これを機に穴を埋めてみようかなと思う。

森 博嗣氏は実は大学教授。専攻は主にコンクリートなどの建築材料の数値解析に関する分野(粘塑性流体の数値解析手法)で、当時登場したばかりのC言語を利用しており、構造計算に関する専門書も執筆している。工学の面でも優れた方で、C言語による有限要素法や、VBを使った理工学所は私も愛読し、勉強させていただいている。
趣味も多く、凄い人だと思う。


このページのTOPへ