専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

「かぐや姫はいやな女」本を買い取りました。

かぐや姫はいやな女
椎名 誠
4103456248

買取価格 544円

 

前々からそう思っていたらしい椎名さん。

不審な点は

①なぜ月から日本にきた。

②どうやってきた。

③日本での目的はなんだ。

④発見されたときなぜ竹の節の中にいた。

の4点。

地球をさぐりにきたかぐや姫一派の成果は、

①地球の人はみんなお人好し

②男たちはみんなすけべで腰抜け

③地球にタカラモノは何もない

 

…確かに…かぐや姫の結婚にあたっての要求は難しい宝物ばかり…

持って来れば結婚してもいいと言いながら、時間がきたので月に帰るわって、ワガママ?

そんな高慢なかぐや姫の表紙は蛭子能収さん。いかにもって感じのかぐや姫です(^ ^)

 

ついでに「桃太郎」「一寸法師」「浦島太郎」までぶった切っていますが、後半はいつもの旅の話なのでご安心ください。

 

スマホ普及率が高くなった今、これだけ多くの人がカメラを持っているのに、なぜ幽霊の写真が撮れないか深く考察、釣り餌になる嫌いな「イソメ」の話から地球に優しい「ミミズ」の話まで、話は前後左右しながらあちこちに…

 

幽霊の話のとこにありましたが、なぜ幽霊は服を着ているか?

魂が霊化(?)したとしても、着ていた服までも幽霊になるのか?ってのは思わず同感!

 

デビュー作から、ず〜っと読んできましたが、椎名さんももう70代なのですね。(そういう自分も同じく歳をとっている事を忘れそうになります)

今まで行って、心地よかった島の話やたき火やお酒の話。どこから読んでも面白いスーパーエッセイ集。

 

 

 


このページのTOPへ