専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

「十二人の死にたい子どもたち」本を買い取りました。

2017年02月11日 category : 本<高価買取情報> タグ: , ,

十二人の死にたい子どもたち
冲方 丁
4163905413

買取価格 406円

 

安楽死するためのルールは「全員一致」実行か、議論か?

こんなオビの本書、デビュー20周年、冲方丁初めての現代長編ミステリー。

集団自殺をウェブサイトで呼びかけ、適正テストに受かった12人の少年少女たち。

それぞれ理由は異なるものの、安楽死を望んで廃院となった病院に集まります。

しかしその日、病院の地下室にはすでに先客が…

 

初対面同士の少年少女たちですが、次第に打ち解け仲良くなってめでたしめでたし…なんて展開ではなく、かなりハードな会話と探り合いが始まります。

全員10代の設定、すでにベッドに横たわっている少年は誰なのか?自殺か他殺か?

そしてこの中に犯人はいるのか?

全てが議論と決によって図られようとしますが、各自の個性と主張、議論の駆け引き、心理戦が繰り広げられます。

一気読みして、う〜ん、なるほどと腑に落ちるエンディング。

 

10代の時代ははるか彼方の話なので、自分ならどうする?にはまるで当てはまらないのですが、今現在、こんな10代と関わらなければいけなくなったとしたら…かなりめんどくさい気持ちになってしまいました。

なんというかパワーが違うのですよね、それが正の方向でも、ましてや負の方向に於いては押し負けてしまいそうです。そのチカラの影にはいわれのない自信がありそうで怖いですね。

年齢を重ねたと言っても、必ずしも経験値が上がるわけでは無いような気がします。(周りを見ても自分を鑑みてもですが)

防御力は上がっているかもしれませんが…大人になるのもなかなか面倒臭いのだよ少年たちよ、と間に入って言いたくなりました。

 

 

 

 


このページのTOPへ