専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

今の時流には乗っからないアニメを楽しんで来ました

先日待ちに待っていた映画「虐殺器官」を観て来ました。

制作会社の倒産など、大人の事情が重なって、延期に次ぐ延期となっていたのですが、ようやく日の目を見たという感じでした。

 

夜の混む時間を避けて、あえて平日昼間に行ったのですが、そこそこの入り。

オタクばかりかっ!(自分も少しオタクだけど)様々な事をツッコミながら入場。

記念のブックマーカーなどを嬉しそうに受け取って、いざ二時間の異世界へっ!

 

面白かったです( ´∀`)

R15なので、色々と予測はしていましたが、途中!(◎_◎;)する瞬間があり、ちょっと椅子から浮きました。

(他の人もビクッ!っとなってました)

 

アニメの映画がすごいっ!と昨年から云われ続けていますが、本作は特に話題になる訳でもなく…周りの反応もイマイチ…

伊藤計劃計画三部作だから、最初から観ていないとちょっと…と想われた方には、全部話が繋がっているという訳ではないので、安心して観ていただきたいです。

ちなみに「虐殺器官」は伊藤計劃の衝撃のデビュー作です。

 

そんなんで、また伊藤計劃の本を読んだりしてますが、小説自体は4冊しかないので、すぐに終わってしまう…

映画時評集を引っ張りだしてきて、気になる映画を観たりしています。

そんな事をしているうちに雨水も過ぎてひな祭り、春に向かってまた一歩。

三寒四温の言葉通りではありますが、散歩道の桜の蕾も少し大きくなったようです。

また何か新しい事を探してみようかという気持ちになりました。

 
Running Pictures―伊藤計劃映画時評集〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
伊藤 計劃
4150310912


このページのTOPへ