専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

坂路をのぼりながら、こう考えた。

2017年03月23日 category : エコブックス店長日記 タグ: , , ,

散歩の時の荷物が増える今日この頃、周りを見回してもマスク装着率が高いです。

いつからこんなに花粉症の人が増えたのでしょうか?

目薬、ティッシュは必需品!普段はお断りするティッシュも率先して受け取ります、広告が多少やばいものであってもです。(パチンコ屋さんの新台入れ替えとか、よくわからないお店のオープンとかですが)

移動中にうっすら黄色になっている山の景色を見ると背中に冷や汗が…視覚からしてやられます。

 

日本でも花粉症のない地域があるようで、沖縄とか奄美大島は杉自体が無いので花粉も無いらしいです。

この季節だけ移住するわけにもいかないので、なんとかやり過ごすしか無いのですが…

耳鼻科で訊いたら、市販の薬で症状が治っているうちは病院の薬は飲まなくてもいいとの事。

市販の薬は喉がやたら乾くので行ったのですが(T ^ T)処方される薬も、やはり喉は渇くとの話でした。

 

症状の落ち着く合間を狙っての散歩、雨が嬉しい春です。

散歩に向いている街の一つに北陸の小京都、金沢市。

今は北陸新幹線の終着駅となり、観光客も増えて、活気があるようです。

 

金沢も含め、散歩に適している街は坂が多い。

平らなところもいいのですが、足に直に感じるものって心地いい刺激になるようで、上り坂は自然と力が湧いてくるような気がします( ´∀`)

そんな坂に関する本を読んだら、金沢の坂を制覇してみたくなりました。

著者の国本さんは散歩に出る時には「斜度計」というものを持ち歩いていたらしいです。

便利な金沢市の坂道マップ付きです。

 

 

 

サカロジー―金沢の坂 (時鐘舎新書)
国本 昭二
4833015471


このページのTOPへ