専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

ぬまづ食わずではいられない沼津市の古本屋さんとブックカフェ

2017年05月17日 category : 古本業界ニュース タグ: , ,

古本屋さん巡り、今回は静岡県沼津市の巻!

干物の生産量日本一の沼津市、それも最水深2,500メートルという内湾では世界一の深さのおかげ。

通常の漁では捕獲できない、珍しい魚やカニなどが上がるとの事。

 

沼津港深海水族館(シーラカンス・ミュージアム)があります。

(シーラカンス・ミュージアムと云われるのはシーラカンスの冷凍展示(世界で唯一!)が見られるから)

以前、6年もの絶食期間で話題になった「ダイオウグソクムシ」や珍しい形の「メンダコ」、生きた化石とも云われる「ラブカ」などの生体展示もあるようです(モノによっては無い時もあるようです)

 

さてそんな海の幸に恵まれた沼津市の古本屋さんはというと…

「weekend  books」さん。

古本・CD・雑貨・焼き菓子とHPには記載がありました。

店内はこんな感じ( ´∀`)

出典 すそのナビさんHPより

HPはここからhttp://susonocity.com/numazu-weekendbooks

 

「建築」「料理」「レシピ」「エッセイ」「小説」「旅行」「絵本」などこだわりの本が棚一面に…自宅の本棚がこんなハシゴ付きの作り付けだったら、うっとりして仕事なんかしてられない気持ちになりそうです。

ボタンやフランス製のリボンなども扱っていて、雑貨も本もコーヒーもという欲張りな気持ちを満足させてくれるお店のようです。

お店のHPはここから→http://www.weekendbooks.jp/index.html

 

 

2軒目はブックカフェ「CaféLDK」さん。

自分の家でくつろぐような…というコンセプトのお店。

セレクトされた雑誌や本が約200冊。

消しゴムはんこのワークショップや多肉植物の販売。フラワーアレンジメントの講習会などなど、いろんな事をされているようです。

体に優しいランチメニューと安心なデザート、お子さん連れでも安心して過ごせる予約制の個室もあるとの事。

 

お店のHPはここからチェックhttp://cafe-ldk.jp/numazu/

 

3軒目のブックカフェは「Cafe/day」さん。

ここは絵本や写真集などの本が300冊以上。

看板メニューはパンケーキ。

お店のHPはここからhttp://www.cafeday.jp

 

 

次回は愛知県の予定です。

 

 

 

 

 


このページのTOPへ