専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

誘惑の多い鹿児島市の個性派古本屋さんたち

古書店めぐり、今回は東洋のナポリとも呼ばれる鹿児島市の巻でございます。

鹿児島といえば桜島、錦江湾。そして西郷さん、人口59万人の県庁所在地です。

活火山でもある桜島、ジオパークもありHPには桜島の噴火回数が記録されていました。

ニュースなどでたまに見ますが、あの火山灰というのは結構生活に影響しそうですよね。

「克灰袋」という灰を入れる専用の袋まであるとの事。「克」という文字に地元の人の強い意志を感じますね。

 

さて古本屋さんはというと、本好きが高じて脱サラからお店開業の「古書リゼット」さん。

 

出典 カゴシマディスカバリーマガジンさんHPより

http://www.crowd.ne.jp/special/091010/liset

 

白洲正子から昔懐かしい絵本まで…絵本とは言っても川端康成著・蕗谷虹児絵の講談社絵本、「不思議なランプ」お値段12,000円なんていうものまで…これは珍しいしお宝です。

 

大人のためのお話会やコンサートなどもされているようです。詳しくはお店のブログで→http://chizuru.chesuto.jp

 

 

2軒目は2010年オープンの「つばめ文庫」さん。

旅好きな店主さんチョイスの素敵なラインナップ。

開店時間の変更などの確認はブログつばめの旅日記から→http://tsubamebunko.chesuto.jp

店内の画像もありましたが、文庫本などは出版社ごとに綺麗に並んでいます(この方が探しやすかったりします)

岩波文庫の結構な量が並んでいるのが気になります、きっと探しているのが見つかりそう…

映画も好きな店主さんのようで、ブログはちょっと読み込んでしまいました。

ここもお店に行って直接お話したい、気になる店主さんですね( ´∀`)

 

3軒目は「カワサキがんぐどう」さん。

昭和レトロなおもちゃから絵本まで。(ちらっと画像に丸いメンコもありました)

ゼンマイで動く国鉄電車もあれば、超特急新幹線(もちろん0系)や超合金、ソフビ人形も…

あぁ〜っ!これは見たい、触ってみたい、動かしてみたい…

HPを見てると鹿児島まで行って見たくなります。

 

ステキなお店のHPはここから→http://www.k-ganngudou.com/index.htm

 

 

さて来週は愛知県の予定です。

 

 

 


このページのTOPへ