専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

「来てけつかるべき新世界」本を買い取りました。

来てけつかるべき新世界
上田 誠
456009408X

買取価格 738円

 

久々の戯曲本です。

第61回岸田國士戯曲賞受賞作、帯にも書いている宮沢章夫氏の別についている選評も絶賛!であることを知ったのは完読後でした。

 

宮沢さんといえば朝のラジオ番組「すっぴん」(NHK)ではただの面白い音楽好きなおじさんなのですが、ちゃんと仕事しているのだな〜、というか演劇が本業なんですね、と改めて実感!

 

そんな宮沢さんの選評は「…ばかのことをあらためて考える。幸福な笑いがそこにはある。ぞっとするような未来への予兆もある。だが、ばかがいる。ばかの人物造形がすぐれている。このばかにはかなわない。」

ばかづくしです…でも下町人情喜劇でもあります。

トコロは大阪通天閣下にある「新世界」のはずれ。

マナツちゃんが切り盛りする串カツ屋「きて屋」奥には散髪屋「マヤ美容室」向かいには「コインランドリー若松」

通りの向こうには通天閣。

 

ドローンが出前のチャーハンを配達したり、役に立たなくなって捨てられた野良ロボットがいたりする時代。

ドローンで盗み撮りされた動画でお店の評価が上がったり、下がったり。

お母さんが亡くなった後、お店を一人でまわしているマナツちゃんとしょーもない近所のおじちゃん達や売れない芸人とか、設定が大阪だからこその作品でした。

 

この面白さはちょっと伝えにくいです、舞台公演は既に終わってしまい、本を読んでみてねとしか…

SF感と下町感と新世界感とのミックス、もちろん笑える事間違いなし!!

 

作者の上田誠さんはアニメ「四畳半神話大系」の構成・脚本。

最近では映画「夜は短し歩けよ乙女」の脚本も手がけられています。

…面白くないわけがないでしょ?


このページのTOPへ