専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

三重県津市のかっこいいオトナなブックカフェと0歳からのみんなのカフェ。

古本屋さん巡り、今回は三重県津市の巻。

「伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ、尾張名古屋は城でもつ」伊勢音頭にも歌われた津市。

日本一短い駅名と日本三大観音の一つでもある津観音のあるところ。(もう二つは名古屋の大須観音・東京の浅草観音だそうな)これは観音霊場の大きさを云っているもので、何か巨大な観音様が立っているわけではありません。間違いなきよう…

学校給食に登場して子供達に人気だった津餃子が今ではご当地B級グルメとして大人気。

直径15㎝ほどの皮で包んだ餃子を揚げたもの( ^ω^ )一個でお腹が膨れそうなボリュームです。

 

さて県庁所在地でもあるので古本屋さんも多いかと思いきや…残念ながら大型チェーン店が目立つ町のようです。

以前は古本屋さんもやっていたというブックカフェがまず一軒。

コーヒーハウス・バーの「ツァラトゥストラハカク語リキ」さん。

ニーチェの名前が浮かぶ前に映画「2001年宇宙の旅」を思い出してしまいました。

2001年って…だいぶ前に過ぎてしまいましたが…

「本 酒 ト 珈琲 ノアル 空間」とHPにありました。哲学できる場所はカフェでも喫茶店でもなくという思いからのコーヒーハウス。毎日が読書会のお店は一人で入るのは勇気がいるかもしれませんが、本好きに悪い人はいないのできっと暖かく迎えてくれそうです。

 

素敵なお店HPはここから→http://kakukatariki.strikingly.com

 

2軒目は0歳からのカフェ。「ビーカフェ(b-cafe)」さん。

中はこんな感じ、テーブルも低くて丸いので小さいお子さんでも大丈夫そうですね。

出典 comolibさんHPより

 

ベビーヨガやお母さんのためのカイロプラクティックやワークショップなども開催されていて、離乳食の持ち込みもOK!普段は家の中で、心も体も窮屈になりそうなママ達の強い味方のようです。

もちろん絵本も児童書もたっぷり!準備されています。

ワークショップなどの情報はここから→http://bcafe2.mie1.net

 

地元老舗の古本屋さんは見つかりませんでしたが、津市内には図書館が何と11館もありました。17時過ぎても開館しているところも多く、会社勤めや部活帰りにも利用できますね。

マスコットのクマのポンスケ君、絵本「てぶくろ」のテーマで、暖かそうなコートを着てお出迎えのようです。

 

さて次回古本屋さん巡りは雪の信州、長野県の予定です。

 

 

 

このページのTOPへ