専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

「走れオヤジ殿」本を買い取りました。

2018年01月30日 category : 本<高価買取情報> タグ: ,

走れ、オヤジ殿 (韓国文学のオクリモノ)
キム エラン 古川 綾子
4794969813

買取価格 554円

 

来月には平昌オリンピック開催予定の韓国、著者は仁川国際空港のある仁川出身。

晶文社の新しいシリーズ(韓国文学のオクリモノ)第3弾の本作。(第1作の「ギリシャ語の時間」は今から読む予定)

「三美スーパースターズ最後のファンクラブ」(シリーズ第2弾)があまりに面白かったので現在ハマりつつあります。

1980年生まれの著者は本書で韓国日報文学賞を最年少で受賞、2013年には「沈黙の未来」で韓国で最も権威のあるとされる李籍文学賞を最年少で受賞という今一番に注目されている若手です。

 

9つの短編からなる本書ですが、表題作「走れオヤジ殿」は臨月で母親を捨てた父親をひたすら想像する娘の話。

遊園地に捨てられた男の子とその後の偶然の再会の話、コンビニで個人的な事を聞かれるとそのお店に行けなくなってしまう話、電車内で学生時代の同級生だと話しかけられても相手がわからず、人違いではないかとも思いながらそれも言えず延々と話しを聞く話。などなど。

日常にありそうな、ちょっと切なくこじれた若者の内面のあれこれのお話。

 

なんだろう、このス〜っと入ってくる感覚は…政治や経済の大きな違いはあるのでしょうが、近くて遠いとまで云われる韓国ですが文学はとても身近。

「この本はこわばった表情で私があなたに送る、最初の微笑みです。」と帯に著者の言葉があります。

初対面の人にうまく笑えないというのは大人になっても何となくわかる感覚、著者の作品の邦訳はまだ少ないのでこれからが待たれます。

 

 

 

このページのTOPへ