専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

栃木県栃木市の古本屋さんと古本市

2018年03月14日 category : 古本業界ニュース タグ: ,

古本屋さん巡り今回は栃木県栃木市の巻。

埼玉、群馬、茨城に隣接する位置関係であり人口は約15万人。

蔵の街でもあり、関東の倉敷、小江戸、小京都とも言われている街です。(「蔵の美術館」という施設もあります)

さて古本屋さんはというと…

まずは1軒目。

「吉本書店」さん。

女性三世代で切り盛りされている古本屋さん。

文学・歴史・民俗学・宗教・哲学に強いお店、書簡やポスターなどの紙物も扱っておられます。

店舗は12時から19時までの営業(日曜定休)。

お店、日本の古本屋さんはここから→https://www.kosho.or.jp/abouts/?id=15000130

お店ツイッターは→https://twitter.com/yoshimotoshoten

HPは→http://assets-net.com/yoshimoto/

 

2軒目は「貴船堂」さん。

外観はこんな感じです。

出典 貴船堂さんHPより

 

ちょっとこれでは広さがわかりにくいので、店内の画像を…

出典 貴船堂さんHPより

 

奥行きがすごい!しかも床置きの本まであります。

同じ価格のものを5点以上お買い上げでお安くなるとの事。

コミックや文庫、一般書籍だけでは無く、CD・DVDも取り扱っておられます。

(ハーレクイン山積みの画像もありました、集めている方にとってはお宝の山かも…)

掘り出し物が見つかりそうな棚ですね。

 

お店のHPはここからどうぞhttp://kifunedou.blog129.fc2.com

 

最後に古本市のご案内。

2011年から開催されている「とちぎ・蔵の街かど古本市」

第9回は5月12日(土)・13日(日)開催予定との事。

昨年はトークショーと活版印刷とスクラップブッキングのワークショップも行われていたとの事、今年はどのようなイベントが開催されるのでしょうか?

活版印刷は心踊るものがありますね〜( ^ω^ )

公式ツイッターはここからどうぞhttps://twitter.com/furuhontochigi

月1回「蔵の街読書カフェ」というのを開催されていて、古本市にずっと繋がっている感じがいいですね。

 

さて次回は静岡県の予定です。

 

このページのTOPへ