専門書・ビジネス書など古本買取なら、エコブックス。 お申込みは簡単、ご自宅まで佐川急便が集荷!送料無料!

愛媛県今治市の古本屋さんとブックカフェ。

2018年04月13日 category : 古本業界ニュース 

古本屋さん巡り、今回は愛媛県今治市の巻。

タオルで有名な今治、ゆるキャラの「バリィ」さんは以前グランプリを取りましたね。

タオル地の腹巻を巻いた鳥(?)の「バリィ」さんが手に持っているのは造船の町らしく船型財布。

頭に乗っているのは来島海峡大橋をイメージしたクラウン。なかなかの盛りだくさんです。

村上水軍から始まり、現在も造船の町今治、さてサイクリングをする人達にとっては聖地とも云われている来島海峡大橋を渡った先に古本屋さんはあるのでしょうか。

 

チェーン店の他にあったのが1軒。松山城近くの「古書 群青社 book woods Lapis Lazuli」さん。

営業時間は10時からとなっています。ここは古書買取・販売だけではなく「リプライズ」にも加入されているので、貸本というか図書館のようになっているようです。

登録されている本はコミック(ハチクロや3月のライオンなど)が多いようですが、よくよく見ると絵本などもありました。

貸本屋さん「青葉社」さんはこのような感じ。

出典 青葉社さんフェイスブックより

最近街中に「リプライズ」さんが増えてきました。他にも「旅する本」というようなシステムもあるので本を通してのコミュニュケーションツールが増えたのはいい事ですね。

会社のHPはここから→https://www.bookwoodslapislazuli.com/index.html

 

青葉社さんフェイスブックはhttps://www.facebook.com/bookwoodsLapisLazuli.Aobado/

 

2軒目はしまなみ海道に面する船の形をした「みなと交流センター(通称:はーばりー)」1階にあるブックカフェ「コーヒースタンド・ターミナル01」さん。コンセプトは「コーヒーと本の世界」。

ドリンクやスィーツ中心のお店、棚に並んでいる本はというと「三島由紀夫レター教室」「山からの絵本」(辻まこと)「旅行者の朝食」(米原万里)なかなかのセレクション。

「01」とつくからには「02」もあるようで、こちらは三方ガラスに囲まれた4階。ウッドデッキもあり食事にビールに楽しめる場所となっています。

小腹の空いてくる素敵なHPはここから→http://terminal.style/distinations/t01

 

さて次回は島根県の予定です。

このページのTOPへ